オカムラの小規模オフィス・ホームインテリア家具

K-model/ケーモデル 高さ調節タイプ

陰山先生の
教育実践から生まれた
スタディデスク。

リビング学習という言葉が生まれる前から
提唱してきた陰山英男先生。
「机はどれも同じじゃない。
子どもが勉強する環境は、親が作るしかありません。」

天板高さ調節 天然木 ライト別売り

子どもの未来は、机の上から広がってゆく。

子どもは、未来を生み出すために生きています。

そのために、意味あるものや楽しいものを追い求めています。

ですから、学習の合間には、学習机の前で、いろいろな夢や進路に思いをはせます。

子どもの未来は、机の上から広がっていくのです。

それは子どもにとって楽しい時間です。

子どもには本来遊びと勉強の区別がありません。

楽しければ、遊ぶように勉強を続けます。

なぜなら、机の上には明るい未来への入り口があると感じているからです。

こんな夢の入り口があってこそ、学習机は勉強道具以上の価値を発揮し、子どもの成長の舞台となっていくと私は考えているのです。

陰山先生の「陰」は正しくは「隂」ですが、検索の便宜を図るため、当サイトのテキストは表示部分では「陰」と表記しています。

リビング学習には学習机が必須

すっかり定着したリビング学習ですが「リビングで学習させることがリビング学習」と、誤解をされているご家庭が多いのに驚きました。例えばダイニングテーブルを机として使った場合などでは学習が十分にできません。机の高さは子どもの姿勢を悪くさせ、食卓用の照明では目も疲れます。しかも勉強に集中し始めたタイミングで食事になる場合もあり、集中力を削ぐ要因にもなるのです。

しかもダイニングテーブルは家族の座る位置が固定し、多くのご家庭では子どもとお母さんが向き合うレイアウトになりがちです。すると勉強もお母さんが正面から「監視」するようになり「分からないことがあったら、すぐにお母さんに聞ける」という、子どもを背後から見守る本来のあり方ではないのです。家族が自然に集まるリビングで、子どもが専用の学習机でお母さんの愛情いっぱいにリラックスし集中できること。これがリビング学習の本来の姿なのです。

学習机に必要な3つの要素

毎日の学習習慣は机で決まる

勉強は毎日の積み重ねが大事です。子どもが伸びるには学習机が最も大切な要素と言えるでしょう。

私が理想としているのは、子どもが自然に机に向かえる心地いい机。

毎日無理なく勉強でき、学習習慣を自然に身につけられることが大切です。

「心地いい机」を実現するために3つの要素に徹底的にこだわりました。

集中できる机

短い時間でも集中して勉強できる。

学習は時間の長さが重要なのではなく、集中のレベルが大事です。短時間でも集中力を発揮することが勉強の本質です。そのために必要なものだけを机に広げ、勉強に集中できる横長サイズなのです。

整理しやすい机

勉強のスムーズな流れを作る。

教科ごとに教材を整理して効率のいい学習の流れを作りましょう。透明トレーは必要な教材を出し入れでき、勉強時間を上手に区切ることができます。片付け、用意できる習慣を身につけましょう。

継続できる机

勉強することが自然な日課になる。

学習習慣を継続させるために大切なことは心地よさです。机の前にいることが生活の一部になれば、自然に学習に入っていけます。ことさら意識せず、いつでも気持ちよく勉強できることが大切です。

特長

左右のスペースを活かした、使い勝手のいい横長です

効率よく、集中できる勉強の方法として天板の奥行きを短くしました。奥行きの短い横長のデスクは教科書や教材、副読本などに手が届きやすく、ものが取りやすいデザインです。目的の教科にすぐアクセスでき、子どもの集中力を損ないません。

また、目の前に上棚がないので、今取り組んでいる学習内容以外が視野に入らず、その教科だけに集中することができます。しかも天板を無駄なく開放的に、広く有効に使えます。

身長に合わせて高さ調節できます

勉強に集中するには、両足が自然に床につく安定した正しい姿勢が不可欠です。正しい姿勢であれば疲れにくく、集中が継続できます。
いつまでも正しい姿勢を維持するためには、子どもの成長に合わせてデスクとチェアのサイズを調節できることが必要です。

コンセント収納など将来の発展性に対応

天板下のコンセント収納によりコード類にじゃまされることなく、学習に集中できます。パソコンなど情報機器への対応など、大人になっても使い続けられる配慮をしています。

効率よくトレーを活用するには

目的の教科のトレーをさっと取り出し、勉強が終わったら教科書や教材を全部トレーに片付ける。トレーを収納して机の上をすっきりさせ、次の教科へ移りやすい。

Lineup

ラインナップ